とちぎ高校生蔵部プレゼンツ「栃木市高校生 ご当地CMコンペティション」

「私たちの熱い思い…」

栃木市が大好きで、栃木の街でボランティア活動やまちづくり活動がしたいと思う高校生が学校の垣根を越えて集まり、これまで様々な活動を行ってきました。

私たちは「蔵の街かど映画祭」や「市内清掃活動」、「街なかガイドツアー」など様々なイベントやお祭りに参加し、地域の人たちに接することで、多くのことを学ぶとともに、栃木市の魅力を次々と発見し、あらためて住み続けたい街であることを実感していました。

しかし、ある新聞記事を目にして私たちはショックを受けました。栃木県内に住む高校生が自分の生まれ育った街に、将来も住みたいと思う高校生が29%しかいないというものです。

この記事を読んで、私たちと同じ高校生たちに、自分の街にこれからも住み続けたい、住んでもらうためにはどうしたら良いかを考えました。

その答えの一つが「栃木市高校生ご当地CMコンペティション」です!

そこで私たちは、この熱い思いを実現するために、栃木市が実施している市民活動支援事業「とちぎ夢ファーレ」に応募しました。

私たちのこれまでの道のりはこちらです。

【夢ファーレプレゼン風景】


【作品制作風景】

作品紹介

私たちの熱い思いが通じて、夢ファーレ事業として採択され、高校生たちによるご当地CMが作成され、2015年10月18日にコンテストが開催されました。

それでは、まずは見事に第1位に輝いた「栃木農業高校 環境科学部」による作品をご覧ください!ぜひ、トチギーノの皆さんも、このCMをご覧いただき、栃木市の魅力を再発見してくださいね。




続いては國學院栃木高校写真部の作品です。




3作目は栃木高校~Team サンシャイン~の登場です。



ページトップへ